デンタルインプラントの成功と失敗を考える/オッセオインテグレーションの科学から術者を惑わすインプラント周囲炎の噂まで

大阪市, Japan : 25-nov-2017
  • Panoramica del corso

    オッセオインテグレーション獲得維持のための重要な6つの要素に基づきながら、インプラントの失敗原因に迫る。インプラント治療の成功と失敗には、複合的な要因が影響をもたらすが発症頻度の高い偶発症であるインプラント周囲炎には、臨床文献における多くの議論があるものの、その多くは査読に耐えうる調査とは言えない。インプラント治療に向き合う歯科医師には、生体と材料の科学に目を向け、知識の習得と正しい情報選択の責任がある。

    本講演にて、我々の知見の共有を通じ皆様の臨床の一助となればと思う。T.Albrektsson

  • Informazioni sul relatore

    • Prof. Dr. Stefan Holst graduated from the Medical University of Hanover Dental School in 1999. He followed this with a postgraduate education at the Louisiana State University, Dept. of Prosthodontics, New Orleans, US, before becoming a full-time Professor in the Department of Prosthodontics at the ...
      View more
    • Dr Albrektsson started working with osseointegrated implants together with professor P-I Brånemark in 1967. He has since published numerous papers on osseointegration. Currently, Dr Albrektsson is working as professor emeritus of the dept of Biomaterials in Gothenburg and as visiting professor at t ...
      View more
  • Ulteriori informazioni

    Materiale scaricabile