NobelClinicianライブオペプログラム

札幌市, Japan : 10-set-2017
  • Panoramica del corso

    NobelClinicianを用いた術前診断の優位性をふまえ、臨床に即した外科・ガイディッドサージェリーに至るまでの流れについて、ステップを追いながらその留意点とともに解説致します。症例は下顎・全顎の抜歯即時を伴う埋入予定の患者さんで、ダブルテンプレートテクニック、トリプルアンカーピンテクニックを用い、プロビジョナルのセットまで行う予定です。

  • Informazioni sul relatore

    • 北海道大学歯学部卒業 北海道大学大学院歯学研究科博士課程修了 北海道大学歯学部臨床教授 北海道大学病院 臨床研修指導医 医療法人社団 千仁会 理事長 インビザラインドクター(認定医) ケアマネージャー
      View more
  • Ulteriori informazioni

    Materiale scaricabile